案件やプロジェクトで左右される大きな問題

ITの仕事は必ずしもハードになっている訳ではなく、案件やプロジェクトに大きく左右されています。多くの残業が発生している案件もあれば、ほぼ定時に仕事が終了するプロジェクトなど様々な環境が生み出されているのが現状です。
快適な案件やプロジェクトの場合には、本来のパフォーマンスを発揮できますがハードな環境の場合、心身ともに疲労が発生しやすく、深刻な事態を生み出しやすいです。

そこで解決方法として、職場環境を改善するのが大きな効果を得やすいです。エンジニアに過酷労働が発生しないようにシフト制を設けるだけでも過酷労働の発生を回避可能です。
エラーやバグなどの不具合発生を防げるように定期的にミーティングを行っていき、多くのエンジニアが使用確認するのも一つの方法になります。

その他にも多くのエンジニアと協力しながら案件やプロジェクトを進められるように工夫するのも一つの解決方法です。備わっている能力は、一人一人のエンジニアで異なっており、得意分野が違っています。得意分野を理解して、最適な場所に人材を配置できれば、効率よく仕事を行えるので、自然とハードな環境も改善していく事が可能です。ITの仕事がハードな訳ではなく、職場環境によって、多くの残業や徹夜を生み出してしまうのが要因です。

また、納期が短いという部分も過酷労働を生み出す要因になる為、できる限り納期が長めの案件やプロジェクトに携わるのがポイントとなります。
その他の、ITの仕事がハードになる要因と解決策について、このIT業界の仕事が辛い……。というサイトで言及されていました。